女性の方は必見!身体のホルモンバランスを整える方法とは?

身体のホルモンバランスを整える方法は、病院で行われる専門治療だけではありません。今回は「毎日の生活で実践できる方法」をご紹介しますので、ホルモンバランスが乱れている方は、ぜひ参考にしてみてください。

偏った食生活を改善する!

コンビニ弁当や外食、揚げ物ばかりの食習慣の人は、ホルモンバランスが乱れやすい傾向があります。

ホルモンバランスの改善には「バランスの良い食生活」が理想となりますが、特に豆製品から摂取できるイソフラボンや、魚類に含まれるビタミンB6を中心としたメニューを食べていると、症状改善しやすくなると言えそうです。

ダイエットをしない!

ストイックなダイエットによって食事を抜いている皆さんは、栄養不足によってホルモンバランスが乱れがちになっています。

「ダイエットを続けていたら生理不順になった!」という場合は、ホルモンバランスの乱れが考えられますので、禁欲的なダイエットをやめて「健康的に痩せる方法」へとシフトするようにしてください。

適度に体を動かす!

徒歩通勤やウォーキング、フィットネスクラブ通いを通して「適度な運動」をしている人は、ポカポカと体が温まることによってホルモンバランスが整いやすくなります。

特にホルモンバランスの乱れによる生理痛に悩む皆さんには、「運動によって骨盤まわりの血行を改善すること」がおすすめとなりますので、気軽に始められるスポーツから始めてみてください。

タバコやアルコールを控える!

タバコやアルコールを多飲している人は、肝臓の疲れによってホルモンバランスが崩れやすくなります。

特にタバコは「百害あって一利なし」と言える存在ですので、健康的に美しくなりたいと考える女性の皆さんは、早めに止めるべきでしょう。

ストレスを溜めない生活を心掛ける!

ストレスフルな毎日を過ごす現代社会の皆さんは、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすいとされています。

またホルモンバランスの乱れによって生理痛などが生じると「更にストレス要素が増える悪循環」に陥りますので、良質な睡眠などを活用して精神的なリラックスを心掛けるようにしてください。

まとめ

PMSや生理不順の原因となるホルモンバランスの乱れは、ストレスや生活習慣にアプローチすることで、少しずつ回復していくと言えそうです。

ここで紹介した方法で症状が改善しない場合は、チェストベリーなどを配合したサプリメントや産婦人科医の診察を検討してみてください。