生活の乱れで変化?ホルモンバランスが崩れたと感じる瞬間は?

ホルモンバランスの崩れた人は、「普段の生活の中で気付けるシーン」も非常に多いとされています。早めの対処はスムーズな症状回復に繋がりますので、ここで紹介する項目をチェックしてみてください。

ジャンクな食生活が続いた後!

揚げ物が豊富な居酒屋メニューやファーストフード、コンビニ弁当ばかりを食べている人は、腸内環境が悪くなり、結果として免疫低下や自律神経、ホルモンバランスの乱れなどが起こりやすくなります。

「ジャンクフードを食べると、必ずホルモンバランスの乱れが生じる」というわけではありませんが、ホルモン分泌を正常化するには「栄養バランスの良い食事を摂取すべき」と言えるでしょう。

お酒の付き合いの多い年末年始!

お酒の付き合いの多い年末年始は、アルコールの分解がスムーズにできない肝臓や内臓の疲労によって、ホルモンバランスが崩れやすいシーズンです。

以前よりも酷い二日酔いに悩まされる場合は、ホルモンバランスを含めた身体の不調が考えられますので、「休肝日」を設けるなどの方法で健康を守るようにしてください。

体を冷やす生活を続けた時!

寒い日の外出やレジャーなどによって体を冷やし続けた後は、自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなります。

逆に身体を温め続ける生活をしている人は、免疫機能やホルモンバランスも正常化しますので、「寒い外から帰宅したら温かいお風呂に入る」などの方法で冷えた体を元に戻すようにしてください。

ニキビや肌荒れが多くなった時!

大人ニキビが多発する時期は、ホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が過剰になっていることが考えられます。

特に生活習慣の乱れとホルモンバランス、大人ニキビには密接な関係があるとされていますので、「ニキビ=身体の不調のサイン」と位置づけて早めの対処を行うようにしてください。

生理前のイライラに悩まされている時

生理前に強すぎる不安やイライラに悩まされている人は、ホルモンバランスの崩れによるPMS(月経前症候群)に陥っているかもしれません。

前述のニキビや肌荒れ、冷え性と共にイライラが生じている場合は、PMSの傾向が高いと考えられますので、生活習慣の改善やサプリメントを活用して「ホルモンバランスを正常に戻すこと」に取り組んでみてください。

まとめ

ホルモンバランスによって生じる「不調」の中には、病院に行かなくても気付けるレベルの症状も非常に多いと言えそうです。

生活習慣を改善しても症状が変わらない場合は、不調部位に該当する診療科に行き早めの相談をするようにしてください。

抜けてきた!ホルモンバランスの変化で薄毛になるって本当?

ホルモンバランスの乱れが酷くなると、髪の毛が抜けやすくなるとされています。今回は「ホルモンバランスと薄毛の関係」を中心にお話しますので、髪の毛の薄さに悩む方はぜひ参考にしてみてください。

髪の毛には「女性ホルモン」が関わっている!

女性ホルモンの「エストロゲン」には、髪の毛の成長を促す作用があります。エストロゲンの分泌が正常な女性は、髪の毛の生長期間も長く、「抜けにくい毛」が生えてくるのです。

これに対してホルモンバランスの乱れが酷い人は、エストロゲン不足によって毛が成長しにくくなりますので、魅力的なヘアスタイルを維持するためにも「女性ホルモンを正常化すること」が重要だと言えるでしょう。

出産後のホルモン変化で脱毛症になる人もいる!

女性の中には、出産後の急激なホルモン変化によって「びまん性脱毛症」になる人も非常に多いとされています。

特に妊娠中のお母さんの体は「赤ちゃんを育てるために女性ホルモンが増える」という状態となるため、髪の成長期が続くことで「自然な脱毛」が激減し、「一気に毛が抜ける」というびまん性脱毛症が生じてしまうのです。

びまん性脱毛症の多くは半年~1年で回復するとされていますが、生活習慣の乱れやストレス原因にアプローチすれば、回復は更に早まる傾向があるようです。

大豆イソフラボンで女性ホルモンを安定させましょう!

ホルモンバランスの乱れによる薄毛が生じている時には、エストロゲンと類似の働きを持つ大豆イソフラボンを摂取して、女性ホルモンを優位に導くようにしてください。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、豆乳などに含まれており、1日30mgが摂取量の上限とされています。

近年では大豆イソフラボンやチェストベリー、亜鉛などをバランス良く含んだサプリメントも発売されていますので、食生活の改善が難しい人は購入を検討しても良いでしょう。

まとめ

薄毛になってしまった人の多くは「悩みをひとりで抱えることで更に毛が抜ける」という悪循環に陥る傾向が高いため、症状が酷い時には皮膚科や薄毛専門医に相談をして「治療のパートナー」を見つけてみてください。

薄毛に悩む人の中には、専門外来に通うことで精神的ストレスが減り、ホルモンバランスや症状の改善が見られる方々もたくさんいます。

またホルモンバランスを整えると、月経不順やイライラなどの解消効果も得られますので、体に起きている悪循環にストップをかけるためにも、改善策にトライする価値はあると言えるでしょう。

ホルモンバランスの乱れで起こる身体の変化とは一体なに?

ホルモンバランスによって生じる体の変化に気付けると、早期の対策が施せるとされています。今回は「女性の体に起こりがちな身体の変化」をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

月経不順になる

ホルモンバランスが崩れた女性は、「通常28日とされる月経周期」にも乱れが生じやすくなります。

特に過度なダイエットによってホルモンバランスが乱れた人は、生理が遅れがちになる傾向がありますので、「普段どおりに月経が来ない」という状態に陥ったら、健康的な食習慣に戻すべきと言えるでしょう。

ムダ毛が濃くなる

「ムダ毛の抑制作用」のある女性ホルモンが減少すると、手足や口周りの毛が濃くなることもあるようです。

ムダ毛を抜く・剃るという方法でも美しい手足を取り戻すことはできますが、ホルモンバランスの乱れにアプローチをして「ムダ毛が生えにくい体質」にした方が身体の中に好循環が生まれます。

薄毛になる

ホルモンバランスの乱れによって「男性ホルモン」が急増すると、これまでフサフサだった髪の毛が抜け、薄毛になることもあります。

女性の薄毛は、「ホルモンバランスの乱れが主原因」とされていますので、男性よりも回復しやすい特徴があるようです。

また薄毛の原因とされているストレスもホルモンバランスの乱れを招く要因とされていますので、毎日の不安要素を取り除くことも、「ホルモンの乱れによる悪循環を止めることに繋がる」と言えるでしょう。

大人ニキビができる

ホルモンバランスの乱れた女性は、大人ニキビや肌荒れが起こりやすくなります。

特に男性ホルモン過多の場合は、「背中や顎周辺のニキビ」が生じやすくなりますので、吹き出物が生じているパーツで「自分のホルモン状態」を分析しても良いでしょう。

太る

女性ホルモンのエストロゲンが不足した女性は、脂肪代謝が悪くなります。また満腹中枢が鈍くなることで食欲も増進しますので、「食べたい欲求」が止まらなくなることもあるのです。

このようなメカニズムから考えても、「過度なダイエットによってホルモンバランスを乱すこと」は、肥満やリバウンドに繋がる要因と言えるでしょう。

まとめ

ホルモンバランスが乱れた皆さんの体には、さまざまな不調が起こると言えそうです。ホルモンの乱れは生活習慣を改善するだけでも正常化へ導くことができますので、自分にできることから始めるようにしてください。

特に食習慣と運動不足の改善は、ホルモンバランスの乱れに悩む現代女性の皆さんに、おすすめの対象方法となっています。

生理前にニキビが出来る!ホルモンバランスが影響している?

生理前にホルモンバランスが崩れると、普段はできないニキビが多発することもあるようです。今回は多くの人が悩む「ホルモンバランスとニキビの関係」を中心にお話をしますので、ぜひチェックしてみてください。

生理前はニキビや肌荒れが起こりやすい!

排卵後から生理前にかけての期間は、皮脂分泌を促す黄体ホルモンが増える傾向があります。

過剰な皮脂は毛穴の詰まりやニキビ菌の繁殖を促進するため、「ニキビが生じやすい環境をと作る要因」となるのです。

女性なら誰しも増える「生理前の黄体ホルモン」ですが、ホルモンバランスが乱れている人の場合は、健康な皮膚を保つ卵胞ホルモンが激減する傾向があるため、「普通の人よりもニキビや肌トラブルが生じやすい」とされています。

男性ホルモンの多い女性もニキビが出やすくなる!

ホルモンバランスの乱れによって「男性ホルモン」が急増している女性も、皮脂分泌の過剰によってニキビができやすくなります。

男性ホルモンが過剰な女性は、濃いムダ毛や薄毛に悩まされる傾向も高いため、あまりにも酷い症状が続く場合は、女性ホルモンに作用する大豆イソフラボンなどの摂取を心掛けるべきと言えるでしょう。

顎や背中のニキビが多い人はホルモンバランスが乱れているかも!

顎まわりのUゾーンや背中ニキビの多い人は、「男性ホルモンが優位になっている」と捉えた方が良さそうです。

このパーツは「ヒゲが生えない代わりにニキビが多発する」と考えられていますので、たくさんの吹き出物が生じている場合は「自分は男性化しているのかも?」と思った方が良いと言えるでしょう。

どうして男性ホルモンが優位になってしまうのですか?

不規則な生活や食習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れを招きます。ホルモンバランスの乱れ方は各個人によって異なりますが、身体の緊張状態や興奮状態が過剰な人は「男性ホルモンが優位になりがち」と言えそうです。

まとめ

大人ニキビが多発する原因には、「黄体ホルモンと男性ホルモンの過剰分泌」が関係していると言えそうです。近年ではホルモンバランスを整える市販薬やサプリメントも販売されていますので、自分の体質に合ったものを選んで、体質改善を図ってみてください。

またホルモンバランスの乱れは、運動不足や生活習慣の改善でも回復が期待できますので、無理なく続けられるものにチャレンジしても良いでしょう。

女性の方は必見!身体のホルモンバランスを整える方法とは?

身体のホルモンバランスを整える方法は、病院で行われる専門治療だけではありません。今回は「毎日の生活で実践できる方法」をご紹介しますので、ホルモンバランスが乱れている方は、ぜひ参考にしてみてください。

偏った食生活を改善する!

コンビニ弁当や外食、揚げ物ばかりの食習慣の人は、ホルモンバランスが乱れやすい傾向があります。

ホルモンバランスの改善には「バランスの良い食生活」が理想となりますが、特に豆製品から摂取できるイソフラボンや、魚類に含まれるビタミンB6を中心としたメニューを食べていると、症状改善しやすくなると言えそうです。

ダイエットをしない!

ストイックなダイエットによって食事を抜いている皆さんは、栄養不足によってホルモンバランスが乱れがちになっています。

「ダイエットを続けていたら生理不順になった!」という場合は、ホルモンバランスの乱れが考えられますので、禁欲的なダイエットをやめて「健康的に痩せる方法」へとシフトするようにしてください。

適度に体を動かす!

徒歩通勤やウォーキング、フィットネスクラブ通いを通して「適度な運動」をしている人は、ポカポカと体が温まることによってホルモンバランスが整いやすくなります。

特にホルモンバランスの乱れによる生理痛に悩む皆さんには、「運動によって骨盤まわりの血行を改善すること」がおすすめとなりますので、気軽に始められるスポーツから始めてみてください。

タバコやアルコールを控える!

タバコやアルコールを多飲している人は、肝臓の疲れによってホルモンバランスが崩れやすくなります。

特にタバコは「百害あって一利なし」と言える存在ですので、健康的に美しくなりたいと考える女性の皆さんは、早めに止めるべきでしょう。

ストレスを溜めない生活を心掛ける!

ストレスフルな毎日を過ごす現代社会の皆さんは、ホルモンバランスや自律神経が乱れやすいとされています。

またホルモンバランスの乱れによって生理痛などが生じると「更にストレス要素が増える悪循環」に陥りますので、良質な睡眠などを活用して精神的なリラックスを心掛けるようにしてください。

まとめ

PMSや生理不順の原因となるホルモンバランスの乱れは、ストレスや生活習慣にアプローチすることで、少しずつ回復していくと言えそうです。

ここで紹介した方法で症状が改善しない場合は、チェストベリーなどを配合したサプリメントや産婦人科医の診察を検討してみてください。