ホルモンバランスの変化で情緒不安定に!もしかしてPMS?

ホルモンバランスの変化が酷い人は、生理前に情緒不安定が生じる「PMS(月経前症候群)」に陥っているケースもあるようです。今回は「生理前のイライラや不安」に悩む皆さんのためになる、PMSに関する話を詳しく解説していきます。

情緒不安定だったら何でもPMSなの?

PMSとは、「生理の2週間ぐらい前から生じる、心と体の不調の症候群」です。症状は、大きく分けて「身体的症状」と「精神的症状」があります。

身体的症状として代表的なものは、下腹部の痛みや乳房の張り、浮腫み、ニキビ、過食傾向などです。精神的症状については、イライラ、攻撃的になる、不安、憂鬱、集中力低下、不眠などが一般的となっています。

生理後~排卵までの間に情緒不安定になる人は「明らかにPMSではない」と断言できますので、自分の病状を把握するためにも、月経周期をチェックした方が良いと言えるでしょう。

PMSはホルモンバランスの変化で起こるの?

PMSの原因はさまざまな説があるとされていますが、不規則な生活習慣や運動不足、過剰なダイエットなどによってホルモンバランスが乱れた女性は、症状が現れやすいとされています。

また体の冷えによって自律神経が乱れた人もホルモンバランスが崩れやすい傾向がありますので、「間接的にPMSの原因になる生活をしているケースが多い」ことを知っておいた方が良いと言えるでしょう。

婦人科でPMSと診断された場合は、主治医から処方された薬に頼るだけでなく「生活習慣の見直し」をかけた方が良さそうです。

生理前に「酷い情緒不安定だけ」の場合はPMDDかも?

生理前になると「生活に支障が出るほどの情緒不安定に悩まされる」という人は、PMDD(月経前不快気分障害)の可能性があるかもしれません。

PMDDは「PMSよりも酷い精神症状」と「身体症状が少なく、精神症状がメイン」という特徴があり、治療を行う場所は精神科となります。

PMSとPMDDの判断が付かない人は、「身体的症状の有無」で診療科を決めてみても良いでしょう。

まとめ

ホルモンバランスによって情緒不安定になるPMSは「生理前2週間限定の病気」と言えそうです。生理と無関係な「慢性的な情緒不安定」の場合は、一般の精神疾患の可能性が強くなりますので、最寄りの精神科で相談してみてください。

精神科で処方された抗うつ剤や精神安定剤を飲めば、ホルモンバランスによって生じていたイライラや憂鬱な気分も改善していきます。