生理前にニキビが出来る!ホルモンバランスが影響している?

生理前にホルモンバランスが崩れると、普段はできないニキビが多発することもあるようです。今回は多くの人が悩む「ホルモンバランスとニキビの関係」を中心にお話をしますので、ぜひチェックしてみてください。

生理前はニキビや肌荒れが起こりやすい!

排卵後から生理前にかけての期間は、皮脂分泌を促す黄体ホルモンが増える傾向があります。

過剰な皮脂は毛穴の詰まりやニキビ菌の繁殖を促進するため、「ニキビが生じやすい環境をと作る要因」となるのです。

女性なら誰しも増える「生理前の黄体ホルモン」ですが、ホルモンバランスが乱れている人の場合は、健康な皮膚を保つ卵胞ホルモンが激減する傾向があるため、「普通の人よりもニキビや肌トラブルが生じやすい」とされています。

男性ホルモンの多い女性もニキビが出やすくなる!

ホルモンバランスの乱れによって「男性ホルモン」が急増している女性も、皮脂分泌の過剰によってニキビができやすくなります。

男性ホルモンが過剰な女性は、濃いムダ毛や薄毛に悩まされる傾向も高いため、あまりにも酷い症状が続く場合は、女性ホルモンに作用する大豆イソフラボンなどの摂取を心掛けるべきと言えるでしょう。

顎や背中のニキビが多い人はホルモンバランスが乱れているかも!

顎まわりのUゾーンや背中ニキビの多い人は、「男性ホルモンが優位になっている」と捉えた方が良さそうです。

このパーツは「ヒゲが生えない代わりにニキビが多発する」と考えられていますので、たくさんの吹き出物が生じている場合は「自分は男性化しているのかも?」と思った方が良いと言えるでしょう。

どうして男性ホルモンが優位になってしまうのですか?

不規則な生活や食習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れを招きます。ホルモンバランスの乱れ方は各個人によって異なりますが、身体の緊張状態や興奮状態が過剰な人は「男性ホルモンが優位になりがち」と言えそうです。

まとめ

大人ニキビが多発する原因には、「黄体ホルモンと男性ホルモンの過剰分泌」が関係していると言えそうです。近年ではホルモンバランスを整える市販薬やサプリメントも販売されていますので、自分の体質に合ったものを選んで、体質改善を図ってみてください。

またホルモンバランスの乱れは、運動不足や生活習慣の改善でも回復が期待できますので、無理なく続けられるものにチャレンジしても良いでしょう。