ホルモンバランスの変化で情緒不安定に!もしかしてPMS?

ホルモンバランスの変化が酷い人は、生理前に情緒不安定が生じる「PMS(月経前症候群)」に陥っているケースもあるようです。今回は「生理前のイライラや不安」に悩む皆さんのためになる、PMSに関する話を詳しく解説していきます。

情緒不安定だったら何でもPMSなの?

PMSとは、「生理の2週間ぐらい前から生じる、心と体の不調の症候群」です。症状は、大きく分けて「身体的症状」と「精神的症状」があります。

身体的症状として代表的なものは、下腹部の痛みや乳房の張り、浮腫み、ニキビ、過食傾向などです。精神的症状については、イライラ、攻撃的になる、不安、憂鬱、集中力低下、不眠などが一般的となっています。

生理後~排卵までの間に情緒不安定になる人は「明らかにPMSではない」と断言できますので、自分の病状を把握するためにも、月経周期をチェックした方が良いと言えるでしょう。

PMSはホルモンバランスの変化で起こるの?

PMSの原因はさまざまな説があるとされていますが、不規則な生活習慣や運動不足、過剰なダイエットなどによってホルモンバランスが乱れた女性は、症状が現れやすいとされています。

また体の冷えによって自律神経が乱れた人もホルモンバランスが崩れやすい傾向がありますので、「間接的にPMSの原因になる生活をしているケースが多い」ことを知っておいた方が良いと言えるでしょう。

婦人科でPMSと診断された場合は、主治医から処方された薬に頼るだけでなく「生活習慣の見直し」をかけた方が良さそうです。

生理前に「酷い情緒不安定だけ」の場合はPMDDかも?

生理前になると「生活に支障が出るほどの情緒不安定に悩まされる」という人は、PMDD(月経前不快気分障害)の可能性があるかもしれません。

PMDDは「PMSよりも酷い精神症状」と「身体症状が少なく、精神症状がメイン」という特徴があり、治療を行う場所は精神科となります。

PMSとPMDDの判断が付かない人は、「身体的症状の有無」で診療科を決めてみても良いでしょう。

まとめ

ホルモンバランスによって情緒不安定になるPMSは「生理前2週間限定の病気」と言えそうです。生理と無関係な「慢性的な情緒不安定」の場合は、一般の精神疾患の可能性が強くなりますので、最寄りの精神科で相談してみてください。

精神科で処方された抗うつ剤や精神安定剤を飲めば、ホルモンバランスによって生じていたイライラや憂鬱な気分も改善していきます。

妊娠から出産まで!女性のホルモンバランスの変化について調査!

赤ちゃんをお腹に宿したママの体は、目まぐるしいスピードでホルモンバランスが変わっていきます。今回は「妊娠から出産までのホルモンバランスの変化」というテーマでお話をしますので、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠初期

受精卵が着床すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが一気に増殖し、月経の来ない「妊娠モード」へと導いていきます。

hCGの分泌は「妊娠3ヵ月がピーク」になるとされており、妊娠初期につわりなどの不調が生じるのは、このホルモンによる影響と言えるのです。

この時期の女性は、「体内にさまざまなホルモンが急増している時期」となるため、普段に生理前とも異なる症状に悩まされます。

安定期(妊娠5ヵ月ぐらい)

安定期に入るとたくさんの黄体ホルモンが分泌されるようになり、赤ちゃんを迎える「リラックスした状態」にシフトしていきます。

黄体ホルモンは別名「愛情ホルモン」と呼ばれることもあり、妊婦さんの中には普段の緊張モードから解放されて、良い意味での「忘れっぽさ」や「集中力の低下」などを感じる方々もいるようです。

妊娠5ヵ月ぐらいなるとホルモンバランスが安定してくるため、これまで生じていた肌トラブルやつわりも生じにくくなり、「安定したマタニティライフ」を過ごせるようになります。

産後

産後2日目ぐらいになると、これまで大量に分泌していたエストロゲンとプロゲステロンが減少し、その代わりに母乳の出を促すプロラクチンが増え始めます。

この時期のお母さんは「ホルモンバランスにおける急激な変化」についていけず、さまざまな不調に悩まされます。

産後のホルモンバランスの乱れは、乳首の黒ずみや敏感肌、抜け毛、産後うつなどの原因に繋がるため、出産から1ヵ月の間は、なるべく安静を心掛けた方が良いと言えるでしょう。

まとめ

妊娠~出産の期間は、女性の体にさまざまな変化をもたらすと言えそうです。特にホルモンについては「約10ヵ月間で大変動する」と断言できますので、普段の自分とは違う変調を上手に受け入れて、体と心に無理のない生活をするのが理想と言えるでしょう。

妊婦さんはホルモンバランスを整えるサプリメントや市販薬を飲めない対象となりますので、あまりにも不調が酷い時には、自分で解決しようと頑張らずに産婦人科の専門医に相談をするようにしてください。

妊娠中は産後の不調は、旦那さんや家族の協力で症状緩和に繋がることもあるとされています。

生活の乱れで変化?ホルモンバランスが崩れたと感じる瞬間は?

ホルモンバランスの崩れた人は、「普段の生活の中で気付けるシーン」も非常に多いとされています。早めの対処はスムーズな症状回復に繋がりますので、ここで紹介する項目をチェックしてみてください。

ジャンクな食生活が続いた後!

揚げ物が豊富な居酒屋メニューやファーストフード、コンビニ弁当ばかりを食べている人は、腸内環境が悪くなり、結果として免疫低下や自律神経、ホルモンバランスの乱れなどが起こりやすくなります。

「ジャンクフードを食べると、必ずホルモンバランスの乱れが生じる」というわけではありませんが、ホルモン分泌を正常化するには「栄養バランスの良い食事を摂取すべき」と言えるでしょう。

お酒の付き合いの多い年末年始!

お酒の付き合いの多い年末年始は、アルコールの分解がスムーズにできない肝臓や内臓の疲労によって、ホルモンバランスが崩れやすいシーズンです。

以前よりも酷い二日酔いに悩まされる場合は、ホルモンバランスを含めた身体の不調が考えられますので、「休肝日」を設けるなどの方法で健康を守るようにしてください。

体を冷やす生活を続けた時!

寒い日の外出やレジャーなどによって体を冷やし続けた後は、自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなります。

逆に身体を温め続ける生活をしている人は、免疫機能やホルモンバランスも正常化しますので、「寒い外から帰宅したら温かいお風呂に入る」などの方法で冷えた体を元に戻すようにしてください。

ニキビや肌荒れが多くなった時!

大人ニキビが多発する時期は、ホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が過剰になっていることが考えられます。

特に生活習慣の乱れとホルモンバランス、大人ニキビには密接な関係があるとされていますので、「ニキビ=身体の不調のサイン」と位置づけて早めの対処を行うようにしてください。

生理前のイライラに悩まされている時

生理前に強すぎる不安やイライラに悩まされている人は、ホルモンバランスの崩れによるPMS(月経前症候群)に陥っているかもしれません。

前述のニキビや肌荒れ、冷え性と共にイライラが生じている場合は、PMSの傾向が高いと考えられますので、生活習慣の改善やサプリメントを活用して「ホルモンバランスを正常に戻すこと」に取り組んでみてください。

まとめ

ホルモンバランスによって生じる「不調」の中には、病院に行かなくても気付けるレベルの症状も非常に多いと言えそうです。

生活習慣を改善しても症状が変わらない場合は、不調部位に該当する診療科に行き早めの相談をするようにしてください。

抜けてきた!ホルモンバランスの変化で薄毛になるって本当?

ホルモンバランスの乱れが酷くなると、髪の毛が抜けやすくなるとされています。今回は「ホルモンバランスと薄毛の関係」を中心にお話しますので、髪の毛の薄さに悩む方はぜひ参考にしてみてください。

髪の毛には「女性ホルモン」が関わっている!

女性ホルモンの「エストロゲン」には、髪の毛の成長を促す作用があります。エストロゲンの分泌が正常な女性は、髪の毛の生長期間も長く、「抜けにくい毛」が生えてくるのです。

これに対してホルモンバランスの乱れが酷い人は、エストロゲン不足によって毛が成長しにくくなりますので、魅力的なヘアスタイルを維持するためにも「女性ホルモンを正常化すること」が重要だと言えるでしょう。

出産後のホルモン変化で脱毛症になる人もいる!

女性の中には、出産後の急激なホルモン変化によって「びまん性脱毛症」になる人も非常に多いとされています。

特に妊娠中のお母さんの体は「赤ちゃんを育てるために女性ホルモンが増える」という状態となるため、髪の成長期が続くことで「自然な脱毛」が激減し、「一気に毛が抜ける」というびまん性脱毛症が生じてしまうのです。

びまん性脱毛症の多くは半年~1年で回復するとされていますが、生活習慣の乱れやストレス原因にアプローチすれば、回復は更に早まる傾向があるようです。

大豆イソフラボンで女性ホルモンを安定させましょう!

ホルモンバランスの乱れによる薄毛が生じている時には、エストロゲンと類似の働きを持つ大豆イソフラボンを摂取して、女性ホルモンを優位に導くようにしてください。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、豆乳などに含まれており、1日30mgが摂取量の上限とされています。

近年では大豆イソフラボンやチェストベリー、亜鉛などをバランス良く含んだサプリメントも発売されていますので、食生活の改善が難しい人は購入を検討しても良いでしょう。

まとめ

薄毛になってしまった人の多くは「悩みをひとりで抱えることで更に毛が抜ける」という悪循環に陥る傾向が高いため、症状が酷い時には皮膚科や薄毛専門医に相談をして「治療のパートナー」を見つけてみてください。

薄毛に悩む人の中には、専門外来に通うことで精神的ストレスが減り、ホルモンバランスや症状の改善が見られる方々もたくさんいます。

またホルモンバランスを整えると、月経不順やイライラなどの解消効果も得られますので、体に起きている悪循環にストップをかけるためにも、改善策にトライする価値はあると言えるでしょう。

ホルモンバランスの乱れで起こる身体の変化とは一体なに?

ホルモンバランスによって生じる体の変化に気付けると、早期の対策が施せるとされています。今回は「女性の体に起こりがちな身体の変化」をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

月経不順になる

ホルモンバランスが崩れた女性は、「通常28日とされる月経周期」にも乱れが生じやすくなります。

特に過度なダイエットによってホルモンバランスが乱れた人は、生理が遅れがちになる傾向がありますので、「普段どおりに月経が来ない」という状態に陥ったら、健康的な食習慣に戻すべきと言えるでしょう。

ムダ毛が濃くなる

「ムダ毛の抑制作用」のある女性ホルモンが減少すると、手足や口周りの毛が濃くなることもあるようです。

ムダ毛を抜く・剃るという方法でも美しい手足を取り戻すことはできますが、ホルモンバランスの乱れにアプローチをして「ムダ毛が生えにくい体質」にした方が身体の中に好循環が生まれます。

薄毛になる

ホルモンバランスの乱れによって「男性ホルモン」が急増すると、これまでフサフサだった髪の毛が抜け、薄毛になることもあります。

女性の薄毛は、「ホルモンバランスの乱れが主原因」とされていますので、男性よりも回復しやすい特徴があるようです。

また薄毛の原因とされているストレスもホルモンバランスの乱れを招く要因とされていますので、毎日の不安要素を取り除くことも、「ホルモンの乱れによる悪循環を止めることに繋がる」と言えるでしょう。

大人ニキビができる

ホルモンバランスの乱れた女性は、大人ニキビや肌荒れが起こりやすくなります。

特に男性ホルモン過多の場合は、「背中や顎周辺のニキビ」が生じやすくなりますので、吹き出物が生じているパーツで「自分のホルモン状態」を分析しても良いでしょう。

太る

女性ホルモンのエストロゲンが不足した女性は、脂肪代謝が悪くなります。また満腹中枢が鈍くなることで食欲も増進しますので、「食べたい欲求」が止まらなくなることもあるのです。

このようなメカニズムから考えても、「過度なダイエットによってホルモンバランスを乱すこと」は、肥満やリバウンドに繋がる要因と言えるでしょう。

まとめ

ホルモンバランスが乱れた皆さんの体には、さまざまな不調が起こると言えそうです。ホルモンの乱れは生活習慣を改善するだけでも正常化へ導くことができますので、自分にできることから始めるようにしてください。

特に食習慣と運動不足の改善は、ホルモンバランスの乱れに悩む現代女性の皆さんに、おすすめの対象方法となっています。