リラックス出来る!ホルモンバランスを整えるハーブティーとは?

体に穏やかに作用するハーブティーの中には、ホルモンバランスの乱れに作用する種類も非常にたくさんあるとされています。今回は「ホルモンバランスに効くハーブティー」をご紹介しますので、ぜひお気に入りの味わいを発見してみてください。

チェストベリー

黄体ホルモンの分泌を促すチェストベリーは、お茶として飲むことも可能なハーブです。チェストベリーの実は非常に硬い特徴がありますので、「すり鉢」などを使って細かくしたものを煮出すようにしてください。

少しスパイシーな味わいのチェストベリーは、PMSの原因となる黄体ホルモンの減少に高い効果が期待できます。

ブラックコホシュ

「女性の根」というネーミングで知られるブラックコホシュは、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を有するハーブです。

ハーブティーとして飲む際には「10~15分というゆっくりした時間をかけて煎じる形」とり、ブラックコホシュ特有の苦みが気になる方には、サッパリ系のローズヒップなどとブレンドするスタイルがおすすめとなっています。

フェンネル

女性ホルモンに似た作用を持つフェンネルは、甘みとスパイシーな香りが特徴のハーブティーです。生理不順や生理痛、ホルモンバランスの乱れなどを改善する作用があるとされています。

またフェンネルには「母乳の出を良くする作用」もあるため、授乳中のママさんが飲むハーブティーに多く含まれる存在です。

カモミール

リラックスできる香りで知られるカモミールは、古くから婦人病の改善薬として使われてきたハーブです。カモミールには冷え性や貧血の改善効果もありますので、ホルモンバランスの乱れによるPMSに悩む皆さんにも最適なハーブティーと言えるでしょう。

カモミールティーを飲んでいる人は不眠解消が改善されていきますので、「寝る前の1杯」としての活用もおすすめとなっています。

ローズ

女性ホルモンの正常化を促すローズは、華やかな香りで定評のあるハーブです。ハーブティーだけでなくマッサージオイルなどの活用もできるため、ホルモンバランスの乱れによって浮腫みがちになっている人にもおすすめの存在となっています。

またローズには鎮静や神経強壮の作用もありますので、生理痛やデリケートな神経による精神不調に悩まされる皆さんにも高い効果が期待できるハーブと言えそうです。

まとめ

ホルモンバランスを整えるハーブティーは、楽天市場やAmazonなどの通販サイトからの購入も可能です。ハーブティーで心がリラックスすると、「ストレスによるホルモンバランスの乱れ」も解消し、心身に好循環が生まれます。

どこで購入できる!ホルモンバランスを整える市販薬について

ホルモンバランスの乱れを改善する市販薬は、意外と簡単に入手できる存在として知られています。今回は「ホルモンバランスを整える市販薬は、一体どこで販売されているのか?」という疑問の答えを中心に、おすすめ商品などを紹介していきたいと思います。

ドラッグストアで購入するのが一般的です!

ホルモンバランスを整える市販薬は、ドラッグストアで販売されています。各店舗によって取扱い商品は異なりますが、薬剤師さんに「ホルモンバランスを整える薬はどれですか?」と質問すればお薬の説明をしてもらえますので、気軽に声掛けをしてみてください。

市販薬は処方箋不要で購入できますので、産婦人科の敷居の高さに悩む人でも容易にスタートできる存在です。

楽天市場で購入可能なお薬もあるようです!

楽天市場やAmazonには「第二類医薬品と第三類医薬品を取り扱うお店」も存在するため、自分が気になる薬を検索して購入することも可能です。

楽天などの通販サイトにはたくさんのお店が集まっていますので、価格や購入特典をチェックして「お得に買いたい」という人には特に適した購入方法と言えるでしょう。

通販サイトには「購入者レビュー」も記載されているため、実際に買ったひと達の感想を知りたい皆さんにも嬉しい情報源となります。

命の母ホワイト

小林製薬から発売されている「命の母ホワイト」は、ホルモンバランスの乱れによって生じる諸症状に効果的な市販薬です。当帰や芍薬などの漢方を11種類も配合しているため、生理前~生理中の不調に幅広い角度からアプローチが可能となっています。

また生理前に生じるヒステリーにも作用しますので、PMS特有のイライラや不安にも優しく作用するお薬と言えるでしょう。

プレフェミン

1錠に40mgものチェストベリーを配合する「プレフェミン」は、黄体ホルモンに作用するPMS改善薬です。効果効能は「PMSに関する諸症状の緩和」となりますが、継続的にチェストベリーを摂取することで、ホルモンバランスの乱れも改善していきます。

プレフェミンのサイトでは「取扱い店舗」が紹介されていますので、チェックしてからお店に行くようにしてください。

まとめ

ホルモンバランスの乱れに効果的な市販薬は「ドラッグストアの店舗」または「インターネット通販」で購入可能となっています。

薬剤師さんのいる実店舗では「薬に関する質問」もできますので、服用に関する疑問や不安のある人は、気軽に相談してみてください。

また、市販薬ではなくPMS専用のサプリメントも販売され始めてきます。薬には頼りたくないという方はサプリメントを服用するのも良いでしょう。

特にルナベリーというサプリメントがプレフェミンと同等の成分が含まれているということもあり、人気となっています。

参考サイト:私のルナベリー

ホルモンバランスの変化で情緒不安定に!もしかしてPMS?

ホルモンバランスの変化が酷い人は、生理前に情緒不安定が生じる「PMS(月経前症候群)」に陥っているケースもあるようです。今回は「生理前のイライラや不安」に悩む皆さんのためになる、PMSに関する話を詳しく解説していきます。

情緒不安定だったら何でもPMSなの?

PMSとは、「生理の2週間ぐらい前から生じる、心と体の不調の症候群」です。症状は、大きく分けて「身体的症状」と「精神的症状」があります。

身体的症状として代表的なものは、下腹部の痛みや乳房の張り、浮腫み、ニキビ、過食傾向などです。精神的症状については、イライラ、攻撃的になる、不安、憂鬱、集中力低下、不眠などが一般的となっています。

生理後~排卵までの間に情緒不安定になる人は「明らかにPMSではない」と断言できますので、自分の病状を把握するためにも、月経周期をチェックした方が良いと言えるでしょう。

PMSはホルモンバランスの変化で起こるの?

PMSの原因はさまざまな説があるとされていますが、不規則な生活習慣や運動不足、過剰なダイエットなどによってホルモンバランスが乱れた女性は、症状が現れやすいとされています。

また体の冷えによって自律神経が乱れた人もホルモンバランスが崩れやすい傾向がありますので、「間接的にPMSの原因になる生活をしているケースが多い」ことを知っておいた方が良いと言えるでしょう。

婦人科でPMSと診断された場合は、主治医から処方された薬に頼るだけでなく「生活習慣の見直し」をかけた方が良さそうです。

生理前に「酷い情緒不安定だけ」の場合はPMDDかも?

生理前になると「生活に支障が出るほどの情緒不安定に悩まされる」という人は、PMDD(月経前不快気分障害)の可能性があるかもしれません。

PMDDは「PMSよりも酷い精神症状」と「身体症状が少なく、精神症状がメイン」という特徴があり、治療を行う場所は精神科となります。

PMSとPMDDの判断が付かない人は、「身体的症状の有無」で診療科を決めてみても良いでしょう。

まとめ

ホルモンバランスによって情緒不安定になるPMSは「生理前2週間限定の病気」と言えそうです。生理と無関係な「慢性的な情緒不安定」の場合は、一般の精神疾患の可能性が強くなりますので、最寄りの精神科で相談してみてください。

精神科で処方された抗うつ剤や精神安定剤を飲めば、ホルモンバランスによって生じていたイライラや憂鬱な気分も改善していきます。

妊娠から出産まで!女性のホルモンバランスの変化について調査!

赤ちゃんをお腹に宿したママの体は、目まぐるしいスピードでホルモンバランスが変わっていきます。今回は「妊娠から出産までのホルモンバランスの変化」というテーマでお話をしますので、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠初期

受精卵が着床すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが一気に増殖し、月経の来ない「妊娠モード」へと導いていきます。

hCGの分泌は「妊娠3ヵ月がピーク」になるとされており、妊娠初期につわりなどの不調が生じるのは、このホルモンによる影響と言えるのです。

この時期の女性は、「体内にさまざまなホルモンが急増している時期」となるため、普段に生理前とも異なる症状に悩まされます。

安定期(妊娠5ヵ月ぐらい)

安定期に入るとたくさんの黄体ホルモンが分泌されるようになり、赤ちゃんを迎える「リラックスした状態」にシフトしていきます。

黄体ホルモンは別名「愛情ホルモン」と呼ばれることもあり、妊婦さんの中には普段の緊張モードから解放されて、良い意味での「忘れっぽさ」や「集中力の低下」などを感じる方々もいるようです。

妊娠5ヵ月ぐらいなるとホルモンバランスが安定してくるため、これまで生じていた肌トラブルやつわりも生じにくくなり、「安定したマタニティライフ」を過ごせるようになります。

産後

産後2日目ぐらいになると、これまで大量に分泌していたエストロゲンとプロゲステロンが減少し、その代わりに母乳の出を促すプロラクチンが増え始めます。

この時期のお母さんは「ホルモンバランスにおける急激な変化」についていけず、さまざまな不調に悩まされます。

産後のホルモンバランスの乱れは、乳首の黒ずみや敏感肌、抜け毛、産後うつなどの原因に繋がるため、出産から1ヵ月の間は、なるべく安静を心掛けた方が良いと言えるでしょう。

まとめ

妊娠~出産の期間は、女性の体にさまざまな変化をもたらすと言えそうです。特にホルモンについては「約10ヵ月間で大変動する」と断言できますので、普段の自分とは違う変調を上手に受け入れて、体と心に無理のない生活をするのが理想と言えるでしょう。

妊婦さんはホルモンバランスを整えるサプリメントや市販薬を飲めない対象となりますので、あまりにも不調が酷い時には、自分で解決しようと頑張らずに産婦人科の専門医に相談をするようにしてください。

妊娠中は産後の不調は、旦那さんや家族の協力で症状緩和に繋がることもあるとされています。

毎日の食生活に取り入れよう!ホルモンバランスを整える食べ物

ホルモンバランスの乱れには、食生活の改善も有効です。今回は「ホルモンバランスを整える食べ物」をご紹介しますので、ぜひ毎日の食生活に取り入れてみてください。

豆製品

豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあるとされている成分です。

大豆イソフラボンは、サプリメントや、ムダ毛を薄くする働きのある抑毛ローションなどにも含まれているため、「ホルモンバランスを整える際の定番成分」と捉えて良いでしょう。

大豆イソフラボンの摂取量は「1日30~40mgまで」が上限とされていますので、食べ過ぎには注意をしてください。

サンマ、カツオ、マグロ

サンマやカツオ、マグロなどの魚類に含まれるビタミンB6は、女性ホルモンの分泌を促す成分です。魚類をきちんと食べている人は、PMSによる生理前のイライラなども起こりにくい傾向があります。

また妊娠中のホルモンバランス維持にもビタミンB6が欠かせない成分となりますので、元気に赤ちゃんを産むためにも魚類を中心とした食生活を心掛けるようにしてください。

アーモンドなどのナッツ類

アーモンドやピーナッツなどに含まれるビタミンEは、「不妊症に関係する物質」として発見された栄養成分です。

ビタミンEには、生殖機能の維持や血流の改善効果もありますので、冷え性や生理不順の女性にもおすすめの栄養素と言えるでしょう。

バナナ

バナナにはエストロゲンの代謝を促すビタミンB6が豊富に含まれているため、ホルモンバランスの乱れによるPMSなどにも高い効果の期待できる食材となっています。

またバナナを食べている人は「幸せ物質のセロトニン」の分泌が促進されますので、生理前のイライラに悩む皆さんにもおすすめ度の高い食材と言えるでしょう。

ヨーグルト

ヨーグルトによって腸内環境が改善されると、自律神経やホルモンバランス、免疫機能などが正常化します。またヨーグルトに含まれるたんぱく質は、「卵巣の健康」と「女性ホルモンの分泌を促す作用」がありますので、無排卵月経に悩む皆さんにもおすすめの食材です。

まとめ

ホルモンバランスを整える食べ物は意外とたくさんあるため、毎日の生活に取り入れることは「難しくない」と言えそうです。食生活の改善は、生活習慣病の予防やダイエット、美容効果などにも繋がりますので、美しく健康であり続けるためにも、ぜひ実践してみてください。